【2月最新】FRONTIERセールおすすめゲーミングPCを徹底解説

【2月最新】10万円前後の安い『原神』おすすめゲーミングPC

  • URLをコピーしました!

【筆者イチオシのゲーミングPCは以下をご覧ください】

  • とにかく安いゲーミングPCが欲しい方向け「NEXTGEAR JG-A5G6T
  • コスパ+性能が両立しているモデルなら「G-Tune DG-I5G6T
  • 高性能なゲーミングPCが欲しい方向け「NEXTGEAR JG-A7G70
  • ゲーミングデバイスが一緒に付いてくるスターターモデル「G-Tune DG-I5G60


大人気のオープンワールドRPG、『原神』。そのプレイヤーの大部分はスマホ版をプレイしていると思います。

しかし、スマホでは満足できない美しいグラフィックを追求するなら、PC版への移行を検討している方も少なくないでしょう。

だけど、ゲームに適したPCはコンシューマー機とは違い、数十万円する高価なものです。そんな中、できるだけ予算を抑えてゲーミングPCを手に入れたい方のために、この記事では10万円前後で購入できるゲーミングPCを厳選して紹介していきます。

スクロールできます
おすすめ度
モデル
A2-Gamingバトル/RBM013

ASTROMEDA MICRO

A2-Gamingバトル/RBM012
GPURTX 4060RX5600XTRTX 4060Ti
CPURyzen 5 4500Ryzen5 5500Ryzen 5 4500
メモリ16GB16GB32GB
SSD500GB240GB(1TB選択可能)1TB
コスパ最高特に良い特に良い
参考価格¥104,800(税込)¥87,980(税込)¥125,800(税込)
公式サイトで確認公式サイトで確認公式サイトで確認
※参考価格は記事投稿時点のものです。

▼【厳選】原神におすすめのゲーミングPCモデルをみる▼

BTOショップのPCには基本ゲーミングデバイス(マウス・キーボード・モニター等)が付属していないため、ご自身で別途購入する必要があります。

目次

【予算10万円前後】原神(PC版)がプレイできるおすすめゲーミングPC

ASTROMEDA MICRO(マイニングベース)

おすすめ度
メーカーマイニングベース
グラボRX 5600XT
CPURyzen5 5500
メモリ16GB
SSD240GB(1TB選択可能)
参考価格¥87,980(税込)
※参考価格は記事投稿時点のものです。
おすすめする理由
  • 安さ重視で選ぶならコレ
  • 設定次第で快適にプレイ可能

ASTROMEDA MICROは、RX 5600XT+Ryzen5 5500搭載のエントリー向けのゲーミングPCです。

8万円台で購入できる非常にコスパの高いモデルで、他メーカーと比較しても10万円以下で購入できる数少ないPCとなっています。

ただし、スペック的には設定次第で問題なくPC版の原神を楽しむことができますが、SSDが240GBしかないため、原神以外にも複数のゲームをプレイしたい場合は、購入時のカスタマイズで1TBを選択することをおすすめします。

本モデルはセール品のため売り切れ次第購入不可となります。

NEXTGEAR JG-A5G1D(マウスコンピューター)

おすすめ度
メーカーマウスコンピューター
グラボGTX 1660 SUPER
CPURyzen 5 4500
メモリ16GB
SSD512GB 
参考価格¥99,880(税込)
※参考価格は記事投稿時点のものです。
おすすめする理由
  • 安さ重視で選ぶならコレ
  • 設定次第で快適にプレイ可能

NEXTGEAR JG-A5G1Dは、GTX 1660 SUPER+Ryzen 5 4500搭載のエントリー向けのゲーミングPCです。

10万円以下のゲーミングPCとしては非常にコスパの高いモデルで、他メーカーと比較しても低価格帯のモデルとしてはコスパに優れたモデルとなっています。

また、スペック的には問題なくPC版の原神を楽しむことができるため、高コスパのエントリークラスのゲーミングPCを探している方に特におすすめです。

A2-Gamingバトル/RBM013(駿河屋)

おすすめ度
メーカー駿河屋
グラボRTX 4060
CPURyzen 5 4500
メモリ16GB
SSD500GB
参考価格¥104,800(税込)
※参考価格は記事投稿時点のものです。
おすすめする理由
  • 安さ重視で選ぶならコレ
  • 設定次第で快適にプレイ可能

A2-Gamingバトル/RBM013は、RTX 4060+Ryzen 5 4500搭載のエントリー向けのゲーミングPCです。

10万円のモデルながらRTX 4060を搭載しており、他メーカーと比較しても圧倒的な高コスパを誇っています。そのため、予算10万円の方は要注目のPCとなっています。

A2-Gamingバトル/RBM012(駿河屋)

おすすめ度
メーカー駿河屋
グラボRTX 4060Ti
CPURyzen 5 4500
メモリ32GB
SSD1TB
参考価格¥125,800(税込)
※参考価格は記事投稿時点のものです。
おすすめする理由
  • 低価格+新定番構成のゲーミングPC
  • 非常にバランスの良い構成

A2-Gamingバトル/RBM012は、RTX 4060Ti+Ryzen 5 4500搭載のミドルスペックのゲーミングPCです。

RTX 4060Ti搭載モデルとしては破格の値段となっており、予算13万円前後の方は要チェックのモデルとなっています。

同スペック帯の中では群を抜いて安いため、コスパ重視で選ぶのなら非常におすすめのモデルとなっています。

NEXTGEAR JG-A5G60(マウスコンピューター)

おすすめ度
メーカーマウスコンピューター
グラボRTX 4060
CPURyzen 5 4500
メモリ16GB
SSD512GB
参考価格¥159,800(税込)
※参考価格は記事投稿時点のものです。
おすすめする理由
  • 安さ重視で選ぶならコレ
  • 同スペック帯としては破格の値段

NEXTGEAR JG-A5G60は、RTX 4060+Ryzen 5 4500搭載のミドルスペックのゲーミングPCです。

本モデルはゲーミングPC以外にも「モニター・マウス・キーボード・ヘッドセット」が付属しており、初めてPCを購入される方に特におすすめとなっています。

また、付属しているゲーミングデバイスは以下の通りです。

付属デバイス
G-MASTER GB2470HSU-5

Logicool G304

Logicool G213r

Logicool G431

原神(PC版)の必要スペック・推奨スペック

本項目は、原神公式サイトを基に「必要スペック・推奨スペック」について解説していきます。

必要スペックとは

ゲームを動作させるために必要な最低限のスペック

推奨スペックとは

ゲームを快適に動作させるために必要な最低限のスペック

詳細必要スペック推奨スペック
OSWindows 7 SP1 64-bit
Windows 8.1 64-bit
Windows 10 64-bit
Windows 7 SP1 64-bit
Windows 8.1 64-bit
Windows 10 64-bit
GPUGeForce GT 1030GeForce GTX 1060 6G以上
CPUIntel Core i5(第4世代以上)Core i7(第4世代以上)
メモリ8GB16GB
ストレージ30GB以上の空き容量30GB以上の空き容量

原神はスマホでもプレイ可能なゲームのため、PC版で要求されるスペックはそこまで高くありません

ただし、必要スペックとはゲームを動作させるために最低限必要なスペックのことなので、動作がカクついたりグラフィック設定を落とす必要があるため、快適さを求める場合は推奨スペック以上のものを購入する必要があります。

また、グラフィック設定を最低設定、最高設定で比較した画像が以下の通りです。

上記の画像からもわかるように、PC版の原神はグラフィック設定を変更することで大幅に見え方が変わります。そのため、PCならではの美しいグラフィックを楽しみたいという方は推奨スペック以上のPCを購入することを強くおすすめします。

また、原神は現在『30fps』『60fps』の2つからフレームレートを選択することができます。PCのスペックが低いとゲームをスムーズに動作させるためにフレームレートを30fpsにしなければならい場合があり、プレイ体験を損なってしまいます。

フレームレート
フレームレートとは

PCやゲーム機側が映像出力する際にモニターが更新データを1秒間に何回分処理可能かを指す値で、単位はfpsで表されます。

イメージは「パラパラ漫画」です。より多くの枚数(高フレームレート)で描くと滑らかになり、逆にフレームレートが低いと画面がカクついて見えます。

上記の映像からもわかる通り、fpsが高いほど滑らかに見え、実際にゲームをプレイしていても快適度が大きく異なります。

原神を60fpsで快適にプレイしたい場合は、推奨スペックを満たすPCを購入するようにしましょう。

原神(PC版)におすすめのグラフィックボード

原神は美麗なグラフィックと広大なオープンワールドが魅力の一つとなっています。そのため、ゲームをより美しく、そしてスムーズに楽しむためには、適切なグラフィックボードの選択が重要です。

しかし、グラフィックボードと一括りに言っても種類は多く、初めてPCを選ぶという方にとっては複雑で難易度が高いでしょう。

そこで、本項目ではPC版の原神でおすすめのグラフィックボードを、予算10万円前後に合うように紹介していきます。

グラフィックボードとは

グラフィックボードは、画像や動画を画面に表示するための処理を行う役割を持っています。具体的には、コンピューターの中央処理装置(CPU)が行う計算処理から、画像表示に関する処理を分担して効率的に動作させるためのものです。

ゲームにおけるグラフィックボードは、3Dレンダリング、シェーダー処理、アンチエイリアシング、特定の物理計算、リアルタイムの光シミュレーション、そしてスムーズなフレームレート維持を行い、ゲームのビジュアル体験の質とパフォーマンスを高める中核的な役割を果たします。

低価格帯でおすすめのグラフィックボード

グラフィックボードは選択肢が多く、値段や性能を比較しながら最適なものを選ぶことが重要です。

以下が予算10万円前後でおすすめのグラフィックボードとなります。

スクロールできます
GPU名称メモリ性能目安(3DMark)参考価格詳細
GeForce
RTX 4060 Ti
8GB
13462
57,970円Amazon
GeForce
RTX 3060 Ti
8GB
11574
47,800円Amazon
GeForce
RTX 4060
8GB
10607
43,800円Amazon
Radeon
RX 6650 XT
8GB
9989
36,800円Amazon
GeForce
RTX 3060
12GB
8702
39,800円Amazon
GeForce
RTX 3060
8GB
7329
36,980円Amazon
GeForce
GTX 1660 Ti
6GB
6263
39,800円Amazon
GeForce
RTX 3050
8GB
6197
29,800円Amazon
GeForce
GTX 1660SUPER
6GB
5986
23,800円Amazon
Radeon
RX 6500 XT
4GB
4975
24,800円Amazon
GeForce
GTX 1650
4GB
3453
17,980円Amazon
※参考価格は記事投稿時点のものです。

推奨スペックであるGTX 1050ゲーミングPCであれば、10万円以下で購入可能です。しかし、GTX 1650以上のグラボであれば、フルHD(1920×1080)で60fpsを維持したまま快適にプレイすることができます。ただし高負荷のマップ(ドラゴンスパイン、層岩巨淵、スメールなど)では60fpsを維持するには更にスペックが求められます。

予算に余裕があれば「RTX 3060 12GB」や「RTX 4060」も候補に挙げられ、原神であれば最高設定でも十分楽しむことができます。

また、BTOショップのFRONTIERなどでは定期的にセールが開催されており、様々なスペックのPCが更に安く売りだされるため、少しでも予算を抑えるためにこまめにセール情報を確認することをおすすめします。

あまりに安いゲーミングPCの中には、”ゲーミングPC”と書いてあってもグラフィックボードが非搭載のモデルがあるため、実際にPCを購入する際は必ずスペック表からグラフィックボードが搭載されていることを確認するようにしましょう。

原神(PC版)におすすめのCPU

PCの中核として、またグラフィックボードと並んで絶対に欠かせないのが『CPU』です。ただ、グラフィックボードと同様に、その種類は豊富で、初めてPCを選ぶ際には選択が難しいです。

高性能なグラフィックボードを持っていても、CPUのスペックが不足していると、そのパフォーマンスを十分に発揮することはできません。そのため、グラフィックボードの機能を最大限に引き出すためには、適切なCPUの選定が必須です。

そこで本項目では、PC版の原神において最適なCPUを、予算10万円程度を目安にご紹介します。

CPUとは

CPU(中央処理装置)は、コンピュータの「脳」のようなものであり、プログラムの命令を実行し、データを処理する主要なパーツです。

ゲームにおけるCPUは、ゲームロジック、物理シミュレーション、プレイヤーの入力、グラフィックの準備、オーディオ処理、およびオンライン通信を高速に処理し、ゲームがスムーズに動作するための中核的役割を果たします。

低価格帯でおすすめのCPU

高性能なグラフィックボードと低性能なCPU、またはその逆の組み合わせは、片方のパフォーマンスが制約されてしまい、本来の性能を発揮することができなくなってしまいます。

そのためCPUを選ぶ際には、事前にグラフィックボードから決めて、そこからバランス良くCPUを選ぶことが重要です。

以下が予算10万円前後でおすすめのCPUとなります。

スクロールできます
CPU名称コアスレッド性能目安(PassMark)参考価格詳細
Core i5 13600K1420
38600
45,680円Amazon
Core i7-127001220
31046
44,478円Amazon
Ryzen 5 7600X612
28863
30,979円Amazon
Core i5-12600K1016
27789
35,979円Amazon
Ryzen 7 5700X816
26817
26,980円Amazon
Core i5-134001016
25487
32,580円Amazon
Ryzen5 5600X612
21948
21,500円Amazon
Ryzen 5 5600G612
19930
16,480円Amazon
Core i5-12400612
19505
21,750円Amazon
Ryzen 5 4500612
16239
12,480円Amazon
Core i3-1210048
13850
17,900円Amazon
Core i7-477048
7074
15,642円Amazon
※参考価格は記事投稿時点のものです。

10万円前後のPCにおすすめなCPUは、高コスパな「Ryzen 5 4500」や「Ryzen 5 5600X」が特におすすめです。また、予算に余裕のある場合は「Core i5 13600K」も候補に追加しても良いでしょう。

原神のみをPCでゲームをプレイする場合は、ローエンドCPUである「Ryzen 5 4500」、「Core i3-12100」で事足ります。ただし、原神以外のゲームも遊びたいという場合は、より高性能なCPUをおすすめします。

データ共有と移行のやり方について

原神は、同じアカウントを他プラットフォーム間でデータを共有することができます。

プラットフォーム引継ぎ先共有
iOS・AndroidPC
PCiOS・Android・PC
PS4iOS・Android・PC

今まではスマホで原神をプレイしていても、PCに移行すれば同じデータで今まで通りプレイすることが可能となっています。

また、データの移行方法については以下の通りです。

STEP
原神をダウンロード

原神の公式サイトから、右上のダウンロードをクリックしWindows版をダウンロード。

STEP
原神をインストール

右下のカスタムをクリックしてインストール先がSSDになっているかを確認。

利用規約・プライバシーポリシーに同意した上でインストールをクリック。

STEP
プレイしていたアカウントでログイン

引継ぎ先の端末に今までプレイしていたアカウントでログイン。

その際にApple ID、Twitter、Facebook等のSNSアカウントを利用していた場合は、下部の各SNSアイコンをクリックしてログインしてください。

上記の手順を行えば、PC版の原神でも今までのアカウントでプレイすることができるため、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

本記事では、

について書いてきました。

PC版の原神に興味がある方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次