【6月最新】10万円前後の安さ重視のゲーミングPC

【2024年最新】165Hz安いゲーミングモニターおすすめ5選【コスパ重視】

  • URLをコピーしました!

筆者おすすめのゲーミングPC

  • 安さ重視のゲーミングPCが欲しい方向け「NEXTGEAR JG-A5G60
  • コスパ+性能が両立しているモデルなら「NEXTGEAR JG-A7G60
  • 高性能なゲーミングPCが欲しい方向け「NEXTGEAR JG-A7G7S
  • FF14グラフィックアップデート後も快適にプレイできる「G-Tune DG-I7G7S-FF14
  • ゲーミングデバイスが一緒に付いてくるスターターモデル「G-Tune DG-I5G6T

ゲーミングモニターは、その他のデバイスに比べて圧倒的に高額なものが多いデバイスです。しかし、初心者の方やコスパ重視で選びたいという方も多いかと思います。

そこで、本記事ではなるべく金額を抑えて購入できる165Hzモニターを5つ紹介していきます。

この記事でわかること
  • 165Hzモニターの特徴
  • 165Hzモニターのメリット
  • 165Hz安いゲーミングモニターおすすめ5選

それでは、165Hzの安いゲーミングモニターおすすめ5選【コスパ重視】を書いていきます。

目次

165Hz安いゲーミングモニター覧表

スクロールできます
商品名
Acer VG240YSbmiipfx

Pixio PX243

KOORUI 24E4

AOC C27G2X/11

BenQ MOBIUZ EX2510S
おすすめ度
メーカーAcerPixioKOORUIAOCBenQ
リフレッシュレート165Hz165Hz165Hz165Hz165Hz
応答速度0.5ms1ms1ms1ms1ms
パネルタイプIPSパネルVAパネルVAパネルVAパネルIPSパネル
サイズ23.8インチ23.8インチ24インチ27インチ24.5インチ
スピーカー搭載搭載非搭載非搭載搭載
接続端子HDMI2.0×2
DisplayPort v1.2×1
HDMI2.0×2
DisplayPort1.4×2
HDMI2.0×2
DisplayPort1.4×1
HDMI2.0×2
DisplayPort1.2×1
D-Sub 15ピン×1
HDMI2.0×2
DisplayPort1.2×1
参考価格¥23,800¥20,980¥15,299¥18,800¥34,800
※参考価格は記事投稿時点のものです。

▼【2023最新】165Hz安いゲーミングモニターを見る▼

165Hzモニターの特徴

ゲーミングモニターと言ったら、多くの方が「144Hz」「240Hz」を思い浮かべるかと思います。

しかし、ゲーミングモニターを選ぶうえで、165Hzは忘れてはいけない狙い目のモニターです。

では、なぜ165Hzモニターが狙い目なのかについて、165Hzモニターの特徴を交えながら解説していきます。

165Hzモニターの特徴は以下の通りです。

  1. 圧倒的なまでに滑らか
  2. 通常のモニターに比べて応答速度が異次元
  3. 144Hzと値段に差がない
  4. なんなら144Hzよりも安いモデルもある

1つずつ詳しく解説していきます。

滑らかさがスゴイ

165Hzモニターは、高リフレッシュレートのため非常に滑らかな映像になります。

リフレッシュレートとは

モニターが1秒間に何回更新できるかを指す値で、単位はHzで表されます。

イメージは「パラパラ漫画」です。
パラパラ漫画はより多くの枚数で描くと非常に滑らかに映りますよね?

ゲーミングモニターもパラパラ漫画と同じで、165Hzのモニターであれば1秒間に最大165回更新されるため、通常のモニターに比べて圧倒的に滑らかに映ります。

その凄さは、一度165Hzモニターを使ってしまうと60Hzモニターには戻れなくなってしまうレベルです。

実際に上記のイメージを見ても、数字が高ければ高いほど映像がより滑らかに見えることがわかります。

映像の滑らかさ、視認しやすさがコンマ1秒を争うFPSゲームや格ゲーでは勝率に直結します。

また、165Hzモニターは144Hzモニターと値段の差がほとんどないため、少しでもHzを上げたい方や予算を抑えたいという方にうってつけのモニターです。

144Hzモニターを使うだけで各段に戦いやすくなります!

応答速度の違い

応答速度はリフレッシュレートと並んで重要視され、勝敗を左右するものです。

165Hzモニターに限らず、ゲーミングモニターは応答速度を考慮してモニター選びをするため、要確認しましょう。

応答速度とは

モニターが切り替わる際に色が別の色に移り変わるまでにかかる時間を指し、msで表されます。

応答速度が速いと敵がハッキリと視認できるため、ゲームを有利に進めることができます。

逆に応答速度が遅いと、

  • 残像を強く感じる
  • 眼精疲労に繋がる

のような様々な悪影響をもたらします。

FPSのような動きの激しいゲームジャンルでは、応答速度が高いと視点移動の際に残像を強く感じ視認に支障をきたす場合があるため、最低でも5ms以下、理想は1ms以下のものです。

応答速度は非常に重要な項目のため、しっかり確認しましょう!

パネルの種類

ゲーミングモニターのパネルにはいくつかの種類があります。

パネルの種類によって値段・色味・応答速度などが大きく異なるため事前に知っておきましょう。

パネルの種類は主に、

  • TNパネル
  • IPSパネル
  • VAパネル

の3つになります。

それぞれのパネルの特徴について解説していきます。

TNパネルの特徴
IPSパネルの特徴
  • 最も主流なパネル
  • 応答速度が非常に速い
  • 値段が低い
  • 色合いが他の方式に若干劣る
  • 視野角が広い
  • 色合いが美しい
  • 応答速度が他の方式に劣る
  • 値段がやや高い
VAパネルの特徴
  • コントラストの表現が綺麗
  • 視野角が広い
  • 応答速度が出しずらい
  • ゲーミングモニターにはあまり採用されない

簡単にまとめると、

  1. TNパネルはゲーミングモニターで最も主流なパネル
  2. IPSパネルは全体的に高スペックだが値段がやや高い
  3. VAパネルはコントラストが綺麗だがゲーミングモニターには不向き

になります。

そのため、コスパ重視で選ぶのならTNパネルがおすすめです。

パネルは用途・予算と相談して決めましょう!パネルは用途・予算と相談して決めましょう!

165Hzモニターのメリット

ここまで、165Hzのゲーミングモニターの特徴について解説していきました。

本項目では、これまでの解説を含め、具体的なメリットについて書いていきます。

165Hzモニターのメリットは以下の通りです。

165Hzモニターのメリット一覧
  1. 60Hzよりも圧倒的に滑らか
  2. 応答速度が速いため残像感が少なく視認しやすい
  3. 144Hzと値段に差がない(144Hzよりも安いモデルさえある)
  4. ハイエンドPCでなくともフル活用しやすい

165Hzモニターのメリットとして、先述してきた通り「60Hzよりも圧倒的に滑らかであること」「応答速度が速い分視認しやすい」という点が挙げられます。

また、165Hzモニターは144Hzモニターと比較して値段による差がありません。
さらに言えば、165Hzの中には144Hzモニターを大きく下回る価格帯のものまであるため、コスパ重視で選ぶのなら更に値段を抑えることが可能です。

165Hzなら少しだけ144Hzよりも滑らかです!

そして、「VALORANT」や「APEX」のようなゲームでは、ハイエンドPCでなくても安定してフレームレートを出すことができるため、ミドルスペックPCでも165Hzモニターの性能をフルで発揮できる点もメリットと言えます。

165Hz安いゲーミングモニターおすすめ5選

ここまで、165Hzモニターの特徴やメリットについて書いてきました。

本項目では、先述した内容を考慮して安さを重視した165Hzゲーミングモニターを5つ紹介していきます。

Acer VG240YSbmiipfx

高コスパかつ高性能コスパ重視でも性能にこだわりたい人はコレ

おすすめ度
メーカーAcer
リフレッシュレート165Hz
応答速度0.5ms
パネルタイプIPSパネル
サイズ23.8インチ
スピーカー搭載
接続端子HDMI2.0×2
DisplayPort v1.2×1
参考価格¥23,800
※参考価格は記事投稿時点のものです。
おすすめする理由
  • 高性能・高機能・高コスパ165Hzモニター

VG240YSbmiipfxは、Acerが手掛ける165Hzのゲーミングモニターです。

本記事で紹介するゲーミングモニターのなかでは少し値段の高いモデルですが、その分応答速度が0.5msなど、全体的に高スペックのため、コスパの観点からもおすすめのモニターと言えます。

また、ゲームをプレイするうえで欲しい機能の大半が搭載されているため、できるだけ値段を抑えつつ、高性能・高機能の165Hzモニターを探している方におすすめです。

性能・機能にもこだわりたい方は要チェック!

Pixio PX243

値段以上2万円前後で購入できる鬼コスパの165Hzゲーミングモニター

おすすめ度
メーカーPixio
リフレッシュレート165Hz
応答速度1ms
パネルタイプVAパネル
サイズ23.8インチ
スピーカー搭載
接続端子HDMI2.0×2
DisplayPort1.4×2
参考価格¥20,980
※参考価格は記事投稿時点のものです。
おすすめする理由
  • 値段以上の性能を兼ね備えたゲーミングモニター

PX243は、Pixioが手掛ける165Hzのゲーミングモニターです。

低価格帯にも拘らず、黒挿入などのFPSをより快適にプレイするための機能が多数搭載されており、値段以上の価値があるゲーミングモニターと言えます。

ただし、モニターのスペック的には問題のないPixio PX243ですが、付属のスタンドが若干頼りない作りをしているため、不安な方は別途でモニターアームを購入することを推奨します。

コスパ重視ならコレからチェック!

KOORUI 24E4

最安圧倒的安さを誇る165Hzモニターで、安さ重視で選ぶならコレ

おすすめ度
メーカーKOORUI
リフレッシュレート165Hz
応答速度1ms
パネルタイプVAパネル
サイズ24インチ
スピーカー非搭載
接続端子HDMI2.0×2
DisplayPort1.4×1
参考価格¥15,299
※参考価格は記事投稿時点のものです。
おすすめする理由
  • 本記事で紹介するモニターの中で最安

24E4は、KOORUIが手掛ける165Hzのゲーミングモニターです。

KOORUI 24E4の最大の魅力は、165Hzモニターのなかで最安を誇る超コスパのゲーミングモニターという点でしょう。

安いからと言って作りが雑ということもなく、ゲーミングモニターとしての役割を問題なく熟してくれるため、「とにかく安く買いたい!」という方に特におすすめのモニターです。

本記事で紹介するなかで最安です!

AOC C27G2X/11

曲面パネルで没入感を味わえるコスパも高く27インチで更に迫力UP

おすすめ度
メーカーAOC
リフレッシュレート165Hz
応答速度1ms
パネルタイプVAパネル
サイズ27インチ
スピーカー非搭載
接続端子HDMI2.0×2
DisplayPort1.2×1
D-Sub 15ピン×1
参考価格¥18,800
※参考価格は記事投稿時点のものです。
おすすめする理由
  • 曲面パネルで没入感が味わえる

C24G2/11は、AOCが手掛ける165Hzのゲーミングモニターです。

AOC C24G2/11は、コスパの良さだけでなく、曲面VAパネルを採用することでゲームへの没入感を高めてくれる点など、ゲームをより快適にプレイすることが可能となっています。

そのため、コスパ重視+曲面モニターをお探しの方に特におすすめのモニターと言えます。

没入感を味わいたい方におすすめ!

BenQ MOBIUZ EX2510S

IPSパネルを採用しているため色味が美しいグラフィックの綺麗なゲームをより美しく体験できる

おすすめ度
メーカーBenQ
リフレッシュレート165Hz
応答速度1ms
パネルタイプIPSパネル
サイズ24.5インチ
スピーカー搭載
接続端子HDMI2.0×2
DisplayPort1.2×1
参考価格¥34,800
※参考価格は記事投稿時点のものです。
おすすめする理由
  • IPSパネルを採用しているため色味が美しい

MOBIUZ EX2510Sは、BenQが手掛ける165Hzのゲーミングモニターです。

MOBIUZ EX2510SはIPSパネルを採用しているため色味が美しく、ゲームの世界観に没入できより良いゲーム体験を味わうことができます。

ただし、IPSパネルを使用しているため、本記事で紹介する他のモニターよりやや値段が高くなっています。

まとめ

本記事では、

  1. 165Hzモニターの特徴
  2. 165Hzモニターのメリット
  3. 165Hz安いゲーミングモニターおすすめ5選

について書いてきました。

ゲーミングモニターはゲーミングデバイスの中でも特に高額なデバイスです。

そのため、なるべく安いモデルをお探しの方も多いかと思います。

本記事が、そんな方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次